ウェスティの画像まとめ、生後3ヶ月から4ヶ月

ウエスティというかわいい犬の生後3ヶ月から4ヶ月の画像をまとめました。

かわいい犬の写真をまとめました。

ウェスティ(ウエストハイランドホワイトテリア)の子犬をお迎えしてから撮りためてきた画像を、飼育日記を兼ねて定期的にブログにアップしようと思います。皆様の癒しとなれば幸いです。

飼い主目線で実物はもっと丸みを帯びていてめっちゃ可愛い犬のはずなんですが、私の撮影技術とiPhoneの広角レンズのせいか少し面長に見える写真が多いので、もっと上手に撮れるよう試行錯誤します。

白いモフモフの毛並みと、表情の豊かさがチャーミングで本当におもしろい犬種だと思います。

今回はお迎えした生後3ヶ月から4ヶ月の写真です。とにかくやんちゃで大変ですが、眠い時などは脚の上に乗ってきたり添い寝をしてきたりで、まだまだ赤ちゃんなんだなと思わせてくれます。

体重は当初の3キロくらいから今では5キロ前後を増減していて、ネットで見かける他の子より早いペースで増量しており食欲も旺盛なので、けっこう大きくなりそうな予感がします。

散歩に行けば好奇心旺盛なため、止まっては匂いを嗅いで突然走り出したり大変です。また物怖じせず警戒心も薄いため拾い食いや、人に可愛がられる喜びを覚えてからは、喋っている人を見たら全くこちらを意識してない人でも飛びつこうとして、実際に可愛がられればたまにウレションをしてしまう始末です。

とにかく落ち着かせるためにもオスワリとマテの練習中で、家ではほぼ出来るようになってきましたが、散歩中に関してはようやく静かな場所でのアイコンタクトや、おやつを使ったオスワリが出来るようになってきました。

問題行動と言えば4ヶ月も半分を過ぎてからは服の袖や裾を噛んで不満をアピールしてきたり、トイレに誘導してもなぜか排泄を渋ったりするようになってきて自我の芽生えや反抗期を窺わせる瞬間が出てきました。

頭を悩ませてくれる事が多いものの、まだ物などへの執着心はそれほどでも無かったり、落ち着いている時は身体の色々な所を触っても平気なので、反抗期かつテリア気質はありつつも素直な子なのかなという印象ですが、まだ成長途中なので何とも言えません。

現状は育犬ノイローゼとまでは行かず、どちらかと言うとポジティブな日々を過ごせています、今後も悲壮感が漂うような飼育日記にならないよう毅然と犬と向き合っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です