プラズィオンのレビュー・口コミ、ペットの臭い対策には脱臭機がオススメ

ペット臭などに有効な富士通の脱臭機『プラズィオン』の口コミを記事にしました。

ペット用で人気の脱臭機

今回はペット臭やタバコ臭に有効な、富士通のオゾン脱臭機『プラズィオン』の評価と口コミを記事にいたします。

犬をお迎えして室温管理に気を付けなくてはいけなくなり、冷暖房の効率を高めるために付けっぱなしだったキッチンの換気扇を止めたのですが、やはり犬の体臭やうんち・おしっこの臭いが気になってしまいます。ただそれで換気のために頻繁に窓を開けては熱効率としては本末転倒です。

もともとパナソニックの空気清浄機を設置していたものの、ペットの臭いとなると消臭効果に疑問を覚えたので脱臭機を追加で購入したのですが、結果としては効果が抜群で良いお買い物でした。

コンパクトなのにパワフル

私が買ったのは『DAS-15K』というコンパクトタイプの機種で、適用面積は10畳までです、広い家屋でなければこちらで充分に賄えると思います。

10畳と広い適用面積ですが、本体のサイズは縦にしたティッシュ箱を2×2で並べたくらいで非常に小さいです。重量もサイズ相応で電化製品らしくない軽さなので好きな所に置いておけます。

脱臭機『プラズィオンDAS-15K』をペットケージの横に置いています。消臭効果は高いです。

運転音は非常に静かながら、脱臭効果は高い

脱臭機能は出力調整ができ、標準モードの運転音は空気清浄機における静音モードくらいで、ほぼ無音の環境でようやく聞こえる程度の非常に静かな製品です。

またクイック脱臭という10分間のターボ運転機能があるのですが、その機能だとエアコンの強風くらいの音がします。

気になる脱臭効果ですがペット臭に対しては非常に強力で、小型犬がウンチをした後の片付け中にクイック脱臭で10分間運転をすると、窓や換気扇を使わなくてもその10分でウンチの臭いは殆どしなくなります。タバコに関しては非喫煙者ではないので分かりかねます。

アレルギー防止には空気清浄機、消臭には脱臭機

空気清浄機と脱臭機の比較ですが、2つは長所が異なります。空気清浄機は花粉・ホコリ・ハウスダスト・カビなど様々な物質を本体のフィルターで吸着し、結果的にそれらの臭いも取り除いています。

脱臭機の場合は空気を吸い込んでから、物質を吸着するのではなく空気中に含まれるニオイの成分を内部で分解して放出するので、機能の優劣というよりは役割の違う家電と考えましょう。

なので空気清浄機と脱臭機を併用することは別に無駄なことではなく、花粉症などのアレルギーを持っていて更にペットを飼っていたりタバコを吸っている方は両方とも運転してても充分に効果を発揮できます。

またプラズィオンの上位機種『DAS-303K』などの適用範囲が20畳の上位機種には花粉やカビの胞子を吸着してくれる集じん機能も備えているので、空気清浄機も買うのは面倒だなという方はこちらも検討するとよいでしょう。

以上、生活上かならず発生するニオイにお悩みの方は脱臭機を購入してみたらよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です