アビリティークリーンで電子レンジのコゲと油汚れを一掃しました。

電子レンジの焦げなどをアビリティークリーンで掃除しました。

年越しに向けてこまめに大掃除や整理整頓をしていこうと思い立ち、重い腰を上げて3年以上さぼっていた電子レンジの油汚れを掃除しました。

結論から話すと、アビリティークリーンのプレミアム油汚れ用を使ったらとても綺麗に取れたので、口コミ・レビューを兼ねた記事になります。

蓄積した数年分の油汚れ

目に見えてレンジ内の汚れがひどかったのでいつか掃除しようと思い続け、たびたびレンジ用の蒸気で拭き取るクリーナーや重曹水などをつけて拭いてみても手応えがありませんでした。

これは生半可なアイテムじゃダメだと思い、SNSやテレビでも取り上げられる、強い洗浄力の洗剤を使ってみようと思いました。

近所のホームセンターに、ウルトラハードクリーナーとアビリティークリーンの油汚れ用が売っていたので、専門性が高そうなアビリティーの方を購入。

こびり付きが徐々に取れていく!

汚れの上からキッチンペーパーに洗剤を吹き付けて貼り付け5分ほど放置して、そのキッチンペーパーで拭き取ると、付ける前と比べて明らかに綺麗になります。

ただそれでも年単位の油汚れは層になってるのか、一回で全て拭き取れません、日を分けて合計で2〜3時間くらいかけて、目に見えるこびり付きはほぼ取れました。

アビリティークリーンで1時間くらいかけて掃除したオーブンレンジ

こちらが5〜6回キッチンペーパー貼り付けを繰り返した状態、掃除前の写真を忘れてましたが、この倍くらい汚かったです。

アビリティークリーンで2時間くらいかけて綺麗にした電子レンジ

こちらが日を変えてさらに7〜8回繰り返した状態。こびり付きは殆ど無くなりました!値段に見合った洗浄力です。

強いアルカリ洗浄液なので取り扱い注意

強い洗浄力だけあって液の扱いには注意です。シンク等のこぼした場所によっては跡になりますし、皮膚についた途端にピリピリしてきます。

また連続で吹き付けると吹き出し口からボトルを持つ手に洗剤が垂れてきますので両手に手袋が必須です。

掃除後は食品に関わる場所なので濡れ布巾で何回も念入りに拭き取りました。

油汚れは年単位で放置しない!

汚れは無事に取れたものの、デリケートな洗剤を長時間繰り返し扱った掃除は大変でした。凄く頑固な汚れだったので、今度からオーブンレンジの掃除はシーズンか半年に1度くらいの頻度でやっていかないとなと思いました。

今は色々な掃除アイテムが沢山ある反面、どれが自分の用途に適切な効果を発揮するか分かりにくいので、本記事が参考になれば幸いです。

まとめ:アビリティークリーン油汚れ用は年単位の焦げやこびり付きも綺麗になる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA