犬が食べてはいけない毒になる食べ物、絶対にあげてはいけない!

犬にあげてはいけない、毒になる食べ物をまとめました。

犬にとっては危険な食べ物がいっぱい

野菜・果物・お菓子・肉を問わず、人が食べる物でもペットにとっては最悪のケースで死につながる物もあるというのは知られた話ですね、私も犬を飼うにあたって調査をしたので備忘録としてまとめていきます。

餌を食べているウェスティの子犬『リリィ』ちゃんです。
餌を食べるリリィちゃん(ウェスティ)

チョコレート・コーヒー・ココア・お茶

チョコレートに含まれるカフェインとテオブロミンという成分が危険なようで、これらはメチルキサンチンという化合物に属するようです。この化合物は主にカカオに含まれているので、ダークチョコレートや料理チョコレートなど、カカオ分が強いほど致死量が少なくなり危険性が増します。なので苦いチョコレートは特に犬が干渉できない場所に置きましょう。

もちろん低カカオなら食べていいというわけではありません。

ブドウ・レーズン

干しブドウなども含め、食べてしまうと腎不全を引き起こす可能性があります。致死量は事故例によって異なるようで、原因となる成分などが分かっていないようです。

キシリトール

主に人間用のガムや低カロリー食品に含まれているキシリトールを摂取してしまうと、低血糖や肝臓障害を起こしてしまいます。含有量によって致死量は異なりますが、ガム1粒で危険な状態になり得るそうなので、人間の低カロリー商品からは遠ざけましょう。

たまねぎ・にんにく・ねぎ・らっきょう・ニラ(ねぎ類)

これらを食べるとお腹の調子を壊したり貧血になって、最悪の場合は死に至ります。またこの毒は体内に蓄積されるようなので、何度か大丈夫だったからといって自分の犬は大丈夫と勘違いしたり、管理をルーズにしてはいけません。

アボカド

アボカドに含まれるペルシンという殺菌成分が犬には毒になり、嘔吐・下痢・呼吸困難・痙攣などを引き起こします。

アルコール飲料

犬はアルコールを分解できないので、ビール・発泡酒・チューハイ・日本酒・ワイン・ウイスキーなどなど、銘柄を問わずアルコールは厳禁です。摂取してしまうと酔っ払う症状がでたり、こん睡状態や心肺機能の低下など、人間の急性アルコール中毒のような症状が出てしまいます。絶対に舐めたりさせないようにしましょう。

発酵するとアルコールが生成するような特定のパン生地やりんごなども注意が必要です。

生肉(主に鶏肉・豚肉)・鳥の骨

人間と同じように寄生虫の危険性がつきまとうので、加熱処理が必須です。

フライドチキンなどの注意喚起で有名な話ですが、加熱された鳥の骨は鋭利な形で縦に裂けて刺さり、口から喉・内蔵を傷つける危険性があるので、骨なら良いだろうと与えないでください。

魚介類・海藻

犬にとって魚介類や海藻は、消化が悪い・消化できずに胃腸に負担がかかったり、骨が刺さったり、ビタミンB1を破壊する成分でビタミン不足に陥ったり、塩分や脂肪分が過多になってしまったりと、デメリットが多いのであげない方が賢明です。

イカ・タコ・ししゃも・しらす・ほたて・かき・うに・えび・かに・わかめ辺りはあげない方がよいです。

まぐろ・鮭・鯖・さんま・鯛などのポピュラーな魚を、塩分と脂肪分に気をつけ、味付け無しで調理して骨を取り除き少量与える程度にしましょう。

生卵白

生の卵白にもビタミンB郡の吸収を妨げる成分があるので、加熱して与えるか、黄身を含めた全卵で与えるようにしましょう。

マカダミアナッツ

こちらは命には関わりませんが、一時的な筋力低下や嘔吐、体の震えを引き起こしてしまうそうです。

牛乳

こちらは乳糖を分解できず下痢などになる子がいるのであげない方が賢明です。

レバー

悪いものではありませんが、人間の事故と同様に食中毒の危険があるのと、豊富に含まれているビタミンAが蓄積して肝障害や中毒症状を起こす危険性があるので、鮮度に注意して少量をたまに与える程度にしましょう。

柑橘類

みかんやオレンジ・グレープフルーツなど、こちらも悪いものではありませんが、薄皮や白い筋など果実そのものが犬にとって消化に良くないので大量に与えない方がよいです。

海藻もそうですが、人間にとってはお腹の調子を整える食物でも犬にとっては過剰なものが多いですね。

当たり前なので書いていないですが、トンカツや天ぷらといった揚げ物などの人間が食べるお惣菜・調理パンは犬にとってはカロリー・塩分・油分が多すぎるのであげてはいけません。

人間は色々な物を食べる事を娯楽としており、犬も大好きな飼い主から与えられ、味の付いた食べ物は欲しがるうえ喜んで食べると思うので、あげたくなってしまう気持ちも分かります。

しかし家族の一員と言っても体の構造など何から何まで違う生き物なので、共生の意味をはき違えないようにしないと、大切な家族を自らの手で可哀想な目にあわせる事となってしまうので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です