SwitchやiPad Proとminiの二台持ちは便利でオススメ、固定観念を破ろう

SwitchやiPadの二台持ちは便利なのでオススメです。

二台持ちは贅沢じゃない

殆どの家電が1家に1台あれば充分であるように、iPadやiPhoneといった情報端末も1人に1台、Switchなどのゲーム機も1機種につき1家に1台という考え方が自然と固まっていて、複数台持つのは贅沢や無駄遣いだと思ってしまう人が少なくないと思います。

ただ情報デバイスおよびゲーム機は家庭内で共有すると利用するタイミングが被ったり、性能・携帯性など様々な用途に合わせたモデルで分けられており、皆さん本音は「複数台あった方が捗るなぁ」と考えているのではないでしょうか。

それでいいんです!その気持ちは正しいです、自分の気持ちに素直になりましょう。使わなくなるかもなんて心配は無用です、複数台あった方が良いなぁと思った時点で複数台での使い道を無意識に見出しています。QoL(クオリティオブライフ = 生活の質)を大いに上げましょう。

ゲーム機2台はストレスフリー

ゲーマーが複数人いるのにゲーム機が1台の生活は、当人にとっては言わば日常が拷問と隣り合わせです、自分の番を待つ時間、子供にとっては横でゲームを見るのもそれなりに楽しい思い出ですが実際その時間は虚無でしかありません。頭の中は自分でゲームを動かしたくてたまらないんです。

さらに最近のゲームは、オンラインアカウントでセーブデータを管理するソフトも多く、別のセーブデータで遊ぶにはわざわざソフトを終了させてアカウントを切り替え、またソフトを起動しなおす手順を踏まなければいけないものもあります。

ゲーム機(モニター)が人数分あるとそれらの抑圧から解放されます。そのうえ画面分割による同時プレイが無いゲームにおいても、家庭内でローカルマルチプレイができるようになるので家族同士のコミュニケーションが発展します。

家庭用のiPad Proと、外出用のiPad mini

お絵かき・執筆・プログラミングなど、なんらかの作業をノートPCやタブレットで行われている方は、外出先でもそれらのデバイスを持ち歩きたくなると思いますが、サイズ・重量・破損リスク等を考えると気が進みませんよね。

そんな時には外出用に用途を絞ったiPad miniなどのタブレットも検討してみたらよいでしょう、2019年発売のiPad mini 5はApple pencilにも対応されイラスト作業にも使えるようになりました。

私もpencil対応につられてiPad miniも購入したのですが、気軽に取り出せてタブレットの便利さを享受しながらどこでもお絵描きが出来るようになりました。

本当に軽くてコンパクトかつ、簡単な作業なら充分な領域が確保できるディスプレイサイズです。外出用の端末は念のためApple care+に加入して万全の体制です。

格安SIMのスマホと、最安プラン維持のガラケー持ち

私の連絡手段はネット通信用に格安SIMのデータ通信プランで契約しているスマホと、キャリア(docomo,au,softbankの大手通信会社のこと)で最安のプランで契約している電話用のガラケーを分けて持っています。

理由はライフラインを分担して、どちらかが潰れても連絡手段を確保できるようにしているのと、キャリアでデータ通信+電話の高額プランに契約する必要がなくなって安上がりだからです。ガラケーの通話料金によりますが2000~4000円で維持できます。

私は数年前から格安SIMを利用していたのでこの形式ですが、現在は格安SIMでもデータ通信+電話のプランがたくさん出てきていますので、そちらでも大差ないかなと思います。ただバックアップの連絡手段があるという安心感は結構大きいですよ。

現在キャリアと契約するメリットはネット通信が安定している程度だと思うので、脱キャリアが賢明です。

上述したように、中身は同じでも細かい用途に応じてデバイスを複数台持つというのはコストに見合うくらい生活の質が向上するので、できる範囲で実現させるのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です