【ネタバレ】小悪魔教師サイコの6話で読める葛西先生の過去話が面白い【感想・レビュー】【動画文字起こし】

小悪魔教師サイコという広告でよく見る漫画の6話が面白いので感想を動画にしました。

ネットとかアプリで漫画見てたら多分見たことある広告なんだけど、悪い学校の生徒たちに嫌がらせをされてもケロッとしてる女教師が居て、そいつが実はヤバいヤツで、いじめの主犯格の女の家に何かしに行く漫画広告を見たことあると思うんですけど、

小悪魔教師サイコっていうタイトルだったかな、マンガBANGってアプリで無料で読めたから読んだんですよ、普通のパートはよくある暴力漫画が好きな人は普通に面白い、残酷な漫画が好きな人は普通に面白いと思うであろう漫画なんですけど、ほんとに主人公がサイコパスなんだけど教師で、なんでサイコパスなのに教師になったんだって分かる話が第六話で、その教師を志したきっかけがめちゃくちゃシュールで面白くてネタバレになっちゃうんですけど、

主人公は子供の頃からサイコパスで、はぁーつまんないなみたいな感じで、花壇を耕す学級委員の仕事をふくよかな女の先生と一緒にやってて、何か面白い事あったらいいのにと思ってて、ちょうど先生の無防備な後頭部が見えて、そうだ!このスコップで人間の頭を思いっきり叩いたらどうなるんだろうって。

で、叩くんですよ、案の定先生がギャッて言って倒れて、頭がパックリ割れて血を流して、わぁ~パックリ割れてる、これ骨かな?頭蓋骨って結構頑丈なんだって観察してたら、子供の力だったから、先生を気絶させるには至らなくて、かさいさんって起きるんですよ、主人公は葛西って言うんですけど、そこでまず主人公が思うのが、仕損じた!やり損ねた!って思うんですよ、サイコパスらしく、どうしよう、もう一回叩くか?でも私の力でもう一回叩いて倒せなかったらどうしようってなって、主人公がとるのが子供のフリなんですよね、ネットとかで話に聞くサイコパスらしい行動を取る、ごめんなさい、先生の頭にハチが止まってたんです、ハチが止まってたからすぐ追い払わなきゃと思ってついみたいな感じで言ったら、そうなの、分かったわ、先生怒らないから顔を上げてちょうだいって笑顔で頭から血を吹き出しながら笑顔で言うんですよ、残酷な漫画なんですけど凄くシュールじゃないですか、教師の鑑ですよね。

でもそこからもうひと悶着あって、でもね、先生にひとつだけ教えてほしいのって言って、あなたは他の誰かのハチも追い払おうとしたことある?って聞くんですよ、凄くないですか?見抜いた、サイコパス気質を。

主人公は無いですって言うんですけど、先生は諭すんですよ。

あなたのその衝動はとても強くて、他の人から見たらとても恐ろしく見えるの、だから他の誰かにこういう風にしてしまったらタダではすまないって凄くまっとうなことを言ってくれる、で主人公はじゃあどうすればって聞く。

先生はあなたが幸せになるにはその衝動を抑えるのが一番いいのだけれど、どうしても抑えられないのなら、あなたはその力を正義のために使いなさい、弱い者のためにその力をふるいなさいって言う。

主人公がジーンと来て、先生わかった、ごめんなさい、いいのよって言う、ずっと頭から血を流してるんですよ先生、血でびちゃびちゃで。

その後の主人公が思った事も面白くて、頭割られて血を流しても笑ってられるなんて先生って凄い、めっちゃ強い最強だって言うんですよ、それで主人公は私も先生になりたいって思うんですよね。

生徒を守る事がそんなに楽しいことなのかな?って他人事のように頑丈さを褒めているようにも見えて面白かった。

その話を読むまでは、よくある残酷描写だけが売りで、ストーリーに力を入れない漫画かなと思ってて、エンターテインメントとして成り立たせている想像の範疇の作品だと思ってたけど、きちんとそのサイコパスが先生になった理由っていうバックボーンがきちんと書かれてて、なおそれなりに説得力があってしかもシュールで面白いって言うのがぶっ刺さって笑っちゃって話さずに居られなかった、そこを広告にしたら良いのにって思った。今のところ続きが楽しみな漫画になりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA