【スパロボDD】制圧戦エリア1の攻略。鍵はνガンダムと打撃武器

スパロボDDの制圧戦エリア1をクリアしたので、その攻略メモを記事にしました。

スーパーロボット大戦DDのイベントステージ『制圧戦』のエリア1をクリアしたので攻略メモを書いていきます。

主力ユニットが複数体必要

制圧戦エリア1の敵について、ザコ敵は機体改造ステージ等と違ってそれほど強くありません。攻撃力はそれなりですが防御力・照準値が低いのでゴリ押しができます。

スパロボDDの制圧戦エリア1のザコ敵です。
スパロボDDの制圧戦エリア1のザコ敵は簡単に倒すことができます。
スパロボDDの制圧戦エリア1のザコ敵は攻撃力以外は低いです。

問題はボス敵です、エリア1の6ステージで計2体ボス敵がいるのですが、ザコ敵より格段に強く、ブレイクケージおよびHPも高い強敵です。まずこちらが全滅する前にHPを削りきれる主力ユニットが最低2体は必要でしょう。具体的に攻撃力は3000後半は欲しい所です。サービス開始直後から初めて、改造を進めながらSSRパーツを集中的に強化していれば用意できるかと思います。

ブレイク要因の駒も必要

ボス敵にはブレイクゲージが存在しているうえ、弱点以外の武器属性ではまともに削れません。戦力差が無い状態でクリアするには弱点属性の武器を持ったブレイクゲージを削るためのユニットが必須です。

属性は「打撃」と「ビーム」の計2種類必要で、該当するユニットを育てていた場合は有利に戦えます。ただ主力がブレイクの役目も担うと、ボスと殴り合う事になって撃墜される可能性が高まるので、ブレイクゲージを削るためのユニットを編成に組み込んだ方がリスクを抑えられます。

ステージ3で戦う最初のボス「ゾンダーEI-02」の弱点属性は打撃です、打撃を通常武器に持つユニットは「デビルマン(ワールド1)」「ガオガイガー(ワールド2)」「ガンダムバルバトス第4形態(ワールド4)」などです。いずれも射程が短いため、ボスの攻撃を3,4発は耐えられるように最低限の強化をする必要があります。

スパロボDDの制圧戦エリア1のステージ3に出る最初のボスはゾンダーのEI-02です。

最終ステージで戦う2体目のボス「ガンダムMk-2ティターンズ仕様」の弱点属性はビームです。ビーム属性は射程4の「νガンダム (ワールド2) 」「ガンダムデュナメス (ワールド3) 」などを使えば、攻撃を当てられる程度の強化だけで充分です。ザコ敵に殴られないよう配置には気をつけましょう。

スパロボDDの制圧戦エリア1の最終ステージに出るボスはガンダムMk-2です。

必殺技はボス以外に使ってはいけない

私も制圧戦で気付いたのですが、必殺技は使用回数の制限があり、だいたい1ユニットあたり2回になっています。なので無駄遣いをしてしまうと最終ボスのHPを通常攻撃で削っていく事になるので、使用回数の管理に気をつけましょう。

精神コマンド「信頼」を持たせる方法

ゲーム開始時にもらえるSSR支援ユニットパーツ「メグの激励」には精神コマンド「信頼」がついています。これは本パーツを装備したパイロットが装備できる精神コマンドで、誰でも切り替えられることができるので使わない手はありません。

精神コマンドを付け替える方法は、まず精神コマンド持ちのパーツを装備させた機体の装備変更画面に行き、パイロットの画面を出します。そこで表示されている精神コマンド名をタップするとコマンドの変更画面に移るので、切り替えましょう。

スパロボDDで精神コマンドを入れ替える方法は、まず装備変更画面でパイロットに切り替えます
スパロボDDの精神コマンドの切り替え方は、装備変更のパイロット画面で精神コマンドの名前欄をタップします。
スパロボDDの精神コマンドの切り替え方は、装備変更のパイロット画面でコマンド名をタップしたら、今所持しているコマンドを切り替える事ができます。

SSRパーツまでは長い道のり

エリア1クリアに辿り着く程度の戦力であれば、大体クリア1回でアルトアイゼンと交換できる300制圧ポイントが手に入るかと思います。機体は簡単に手に入るのですが、SSRパーツは1つにつき25000ポイント必要なので、かなりの回数を周回しないといけないですね。

スパロボDDの制圧戦エリア1をクリアすれば、おおむね制圧ポイント300ほど手に入ります。

これほどの周回数だと、戦力を上げてオート戦闘が主流になるかと思われますが、報酬のためとはいえオートモードにしている時間の方が長いゲームは個人的に何をやっているのか分からなくなるのでモチベーションが上がりません。

9/4に初のイベントが控えていますが、スマホゲーの初イベントはゲームバランスによっては炎上する危険性を孕んでいるので、色々な意味で楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です