ウデマエXのホクサイ使いが近距離ブキ、前衛の立ち回りを考える【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2で近距離ブキを担ぐ前衛の役割を考えた。

2019年の2月にウデマエXに到達したものの、S+に降格する事は無くなりましたがXパワーがなかなか上がりません。いまだに2200以下を漂っています。色々と試行錯誤をして、スランプも挟んだことで短射程ブキの立ち回りを再考する機会となったので、現状の結論を記事にします。

近距離ブキの役目は誰よりも先に前に出て、なるべく生き残る事

勝ちを落としたくなかったり、上手くプレイしようと考えてしまうと、あまり前に出ない引き気味のプレイスタイルになる事がありますが、前衛がこれをやってしまうと長期的には勝率が悪くなってくると思います。

スプラトゥーンの情報を集めているとヘイト集めやヘイト稼ぎという言葉を目にする事があります。ゲーム用語におけるヘイトというのは、敵が自分に向ける関心(敵対心)のような意味です。前衛で重要なのはこのヘイトをなるべく集めて、味方の中・遠距離ブキが戦いやすい状況を作る事です。

ただヘイトを集めた結果、集中砲火されてすぐやられては意味が無いので、プレッシャーをかけるのと潜伏を上手く使い分け「居ることは分かるが正確な位置が分からない」といった印象を与えられれば、味方のサポートをしつつ敵の隙を突くことができるので最高ですね。

開始直後の初動などヘイトが分散している状況では、インクの状況や敵の射線を観察し、自身へのプレッシャーが少ない瞬間に相手の懐に飛び込みましょう。ここで大事なのは、倒しきれなかったり敵が対応してきた場合は潔く撤退して仕切りなおす事です。また、味方の中衛・後衛の射程外でサポートできない程の位置まで飛び込むのも結果的に不利になり自分の首を絞めるだけなので、段階的に前線を押し上げる意識を持ちましょう。

敵の懐に飛び込むには、インクによる道と、自分に対する敵の警戒が弱まる瞬間が必要です。味方のインクを有効活用して、自分や味方のサブウェポンを陽動にしましょう。より確実に一瞬のチャンスをものにするにはイカ速やイカニンジャといったギアパワーを積むことを考えてください。

前線を上げようとしている時や、打開によって攻撃と守備が入れ替わった直後など、場面の変わり目でインクの塗り状況もまばらな瞬間が、スピーディーな移動ができて隙も突きやすく、また逆の立場では注意しなければならない時です。

アメフラシやナイスダマといったスペシャルの普及により、まばらに散った敵インクに足を取られる状況も少なくないので、安全靴(相手インク影響軽減)のギアパワーも少しは積んでおくと生存率がアップすると思います。

役割を全うして中衛・後衛とサポートし合う関係に

中射程・長射程は連射力の低さやチャージといった短所が存在し、各個撃破の戦い方となる武器が多いです。このような武器は多数のプレッシャーがかかる状況は対応しきれないので、前衛がなるべく前に出て味方の後衛にかかるプレッシャーを減らし、敵の後衛にプレッシャーをかける事が目標となります。

前でヘイトを集めるほど、味方がサポートしやすくなるうえ、近距離ブキでは倒せない敵の後衛を倒してくれるチャンスが増えます。短射程が前線を上げないと戦況が膠着してしまい、消極的な前衛が居るチームはジリ貧になります。

上述した役目から考えると、裏取りは一時的に他の味方のプレッシャーを増やす行為となるうえ、後衛がサポートできない位置からの奇襲となる事が多いため、仕掛けるタイミングが極めて難しい諸刃の剣です。裏取りばかり頼らず、前線から正面切って打開できそうならそれに越したことはありません。

ヘイトを一身に背負って中距離・遠距離ブキを楽させよう

前衛の役割をまとめると、なるべく前で敵からのヘイトを請け負って、中衛・後衛に楽をさせる事が一つです。少し矛盾していますが、自分が苦労することによってチーム全体では楽に試合を運ぶ事ができます。

このゲームは常にデスを減らす事が重要ですが、それを悪く捉えて前衛なのに消極的な立ち回りをしてしまうと他メンバーの負荷が上がってしまい、結果的に射程で劣る近距離ブキが活躍できない厳しい試合展開となるパターンが増えると思います。

このように、前に出つつ倒されないように立ち回る事が求められる近距離ブキは基本的にしんどい武器です。ホクサイを持っていると試合によっては本当に竹槍で突撃する歩兵を想像してしまいます。ただその好戦的な精神のまま立ち回って生き残る事ができればチームとしての勝ちを呼び込みます。

短射程ブキにとってつらくてたまらない環境で、辛勝だと思った試合がリザルトでは完勝だったという経験があるかと思いますが、そういう時は前衛の働きが大きかったのかもしれませんね。

私もXに到達した驕りや、デスを減らす事・スペシャルの使用を中心に考えるあまり、この基本をしばらく忘れてしまっていたように思います。追加のラストフェスを終えてスプラトゥーン3も発表され、スプラトゥーン2も一つの区切りを迎えそうですが、まだまだ鍛錬を積み重ねていきたいです。

スプラトゥーン2のウデマエがXに到達するまでに実行した練習や心構え スプラトゥーン2のガチマッチでウデマエがS帯から上がらない人がやりがちな事を挙げてみました スプラトゥーン2のホクサイというブキがオススメです。 オススメのブキはホクサイ、立ち回りがすべて【スプラトゥーン2】

私のTwitchにてプレイ動画を実況配信しており、Youtubeにアーカイブもアップロードしているので、気になる方は是非ご覧になってください。よろしければフォローもお願いいたします。

参考 Hirocune - Twitch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です