『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ネタバレなし感想・レビュー。

シンエヴァの感想・レビューを記事にしました。

公開初日に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を映画館で鑑賞してきたので評価レビューを記事に致します。直接的なネタバレはしませんが、空気感などは書きますので情報を全く入れたくない方は見ない方がよいです。

最先端の劇場版ロボットアニメ映像作品

まずストーリーは抜きにして映像が時代の最先端でそれだけで劇場鑑賞をおかわりできるレベルです。ロボットや兵器のデザイン・動く様子だけでなく、自然や人工物の作画も素晴らしく、アニメ好きにとっては目の保養になります。本当に劇場の大スクリーンで観ないと損です。

キャッチコピーにふさわしい内容

そして本作の内容に触れていきますが、まずキャッチコピーである「さらば、すべてのエヴァンゲリオン」にのっとった作品でした。

ファンの懸念事項と思われる、風呂敷は畳まれるのだろうか?という疑問ですが、これに関してはYesと答えることができます。ぐうの音も出ないほど完結します。ただ畳まれ方に不満を持つ方は少なからず出るだろうなとは思いました。

しかしTVアニメ版や旧劇場版とは一線を画す終わり方なので必見です。このキャッチコピーはこの25年間で世に出されてきた全てのエヴァンゲリオンに対するものでもあると思われます。

ただアプローチは異なるものの、どことなく一貫性も垣間見える終わり方で、色々な意味でエヴァンゲリオンが歩んだ25年の歴史を感じられるストーリーとエンディングでした。

エヴァとともに人生を歩んできた方は庵野さんも私達も歳を取ったんだなぁと感傷にひたることでしょう。

製作総指揮である庵野秀明さんの作風というかユーモアは、本作でも存分に発揮されていると思います。それが好きな方もそうでない方も安心および覚悟して鑑賞しましょう。

本当にちゃんとした形で完結しますし、バッドエンドではないので猜疑心を捨てて見に行きましょう!今のところ言えるのはこれだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です