【サウスパーク フォンデストロイヤー】感想・攻略メモ【タワーオフェンスRPG】

『South park Phone Destroyer』というタワーオフェンススマホゲームアプリをレビューします。

本格派タワーオフェンススマホゲーム

人気の海外アニメ『サウスパーク』の世界観をそのままゲーム化したスマホアプリ『サウスパーク フォンデストロイヤー』というタワーオフェンスRPGゲームに最近ハマッているので、レビューと紹介ついでに攻略のコツも記事にいたします。

本作はスマホ使いに長けた「新入り」となり、サウスパークのキャラクター達が扮装した個性あふれるユニットを操って敵を倒すタワーオフェンスゲームです。日本産のゲームで近いものは『メタルスラッグオフェンス』『にゃんこ大戦争』『城とドラゴン』あたりでしょうか。

基本システムは時間経過で溜まるパワーを消費してユニットを召喚して戦わせるもので、召喚にかかるコストが高いほどユニットが強力になりますが、前述のとおりパワーは時間経過でしか溜まらない有限なものなので、低コストのユニットも戦略的に使わないと勝てない奥が深いゲームです。

遊び方はPvEのシングルモードとPvPの対戦モードがあります、PvEはCPUを相手にストーリーを進めて対戦でも使える報酬を手に入れるモードで、PvPは他プレイヤーとのリアルタイム対戦になります。

対戦については若干ラグがありますが、戦況に影響するほどではなく、海外ユーザーが相手でも割と快適に遊べます。マッチングも現状は早く、まれに遅くても1,2分待てば繋がります。

ユニットはカード収集形式であり、無料・有料パックを引いたり、各モードの報酬などで手に入ります。さらに強化素材と同カードを消費することでカードをレベルアップさせて強化することができます。

戦略的で奥が深いバトルシステム

本作のバトルステージは前後だけでなく奥行きもあるうえ、プレイヤーキャラ周辺の自由な場所にユニットを召喚させることができます。各ユニットはタイプなどによって個性や思考が異なり、またスキルを持っているキャラはチャージ時間も存在するので、召喚場所が戦況におおいに影響します。

フォンデストロイヤーのPvPモードの対戦画面です。

またデッキ制で限られた数のユニットカードしか持ち込めず、召喚時に選択できるのはデッキから選ばれた手札5枚からなので(召喚したカードは入れ替わる)戦略に応じたデッキ構築も重要な要素です。

ユニットのタイプはタンク(HPが高い盾役、盾マーク)・ファイター(攻撃力が高い、剣マーク)・レンジ(遠距離攻撃ができる、弓マーク)・アサシン(HPは低いが攻撃力が高く動きが早い、双剣マーク)と、地上・飛行タイプも存在します。また呪文カードも存在し、コストを支払ってさまざまな効果を発動できます。

ざっくり相性で分けるとアサシン>レンジ>ファイター>アサシンという感じですが、戦況やキャラ毎の微妙な性能差によって変わるので一概には言えません。

飛行タイプは飛行・レンジ・攻撃呪文でしかダメージを与えられません。また状態異常も存在するので、見た目とは裏腹にかなり戦略性が問われる凄いゲームです。

カードにはレア度が存在し、コモン<レア<エピック<レジェンドの順に希少性が高いです。やはり上位レアの方が高性能ですが、低位レアはたくさん手に入るぶん強化を重ねられるので、そう簡単にP2W(pay to win、課金有利なバランス)とは言い切れません。

攻略メモ

ここからは数時間遊んだなかで掴んだコツや効率的なゲームの進め方を書いていきます。

PvEはステージ周回できる

PvEの各ステージはクリアするごとに難易度が上がるうえ、15回までロッカー報酬が変わり、15回以降は報酬が受け取れなくなります。なのでレアカードがロッカー報酬にあるステージはそれが取れるまでロッカーを開けられる現金(課金か報酬で手に入るゲーム内通貨)を用意してからクリアしましょう。

PvPは後攻有利

本作はシミュレーションゲームなので基本的に待ちが強いです、なるべく先に相手に召喚させた方がそれへの対策が立てられるので、パワーを無駄にしないように気をつけながら、じっくりと戦いを支配しましょう。

アサシンで特攻

PvPで不利な状況になっても、ピンチはチャンスな場面もあります。相手の前線が厚く、パワーを使いきっている様子ならアサシンを最前の上下端に召喚すれば、そのまま敵プレイヤーキャラに素早く特攻していく可能性が高いです。プレイヤーキャラのHPを削る事が最終目的なので、隙あらば奇襲を仕掛けましょう。

序盤は呪文不要

序盤で稲妻やファイアーボールといった呪文が手に入るかと思いますが、とりあえずこちらは組み込まなくていいかなと思います。手軽にダメージを与えられますが、高コストなので使いどころが難しく、一発逆転にはなり難いです。戦略として呪文が必要になったら考えましょう。

とりあえずPvPレート1000を目指す

レートを上げすぎると強い相手とマッチングして勝てなくなりますが、とりあえず1000を超えるとチーム機能が解放されます。活発なチームに入ればイベントのチーム報酬も手に入れる事ができるので、なるべく早くレート1000を目指しましょう。

とりあえずPvPパックを手に入れる戦い方

PvPをプレイすることで手に入る、少し良いパックが4時間毎に復活します、これの入手条件はPvPで敵プレイヤーのHPゲージを5ライン削る(HPは1試合で3ラインに分かれる)ことで、勝ち負けは問われません。なので勝つ可能性が薄いバトルでも、上述したアサシン特攻などの相手のHPを削る戦術をとれば、いずれはPvPパックをゲットできます。

こんなゲームにマジになっちゃってどうするの?

本格的で熱くなれるゲームですが、アニメの世界観を踏まえて気楽にプレイしましょう。PvPで戦力差がある勝てない試合だったら放置してもいいんです(個人の感想です)。まったりパックを開けつつキモ可愛いキャラクター達と戯れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です