切れ痔の治し方は食生活を改善する事なので『あおさ』を食べよう

切れ痔を治す食べ物や食生活を考えました。あおさがオススメです。

結論から入りますが、切れ痔の治し方は自宅での食事に『あおさ』を足す事です(個人の感想)

排泄により発症した一般的な切れ痔を治療する一番の近道は食生活の改善です。あおさには便の状態を整えるのに重要な栄養素がふんだんに含まれています。

人のお腹を綺麗にするために生まれた食物「あおさ」

あおさは青のり粉末の加工前の食品です。焼き海苔より緑色で、海に漂う海藻そのままな形で乾燥して包装されています。パッケージを開けると磯の香りが広がって幸せな気分になります。

私は毎朝、即席の味噌汁にあおさを入れて飲んでいます、これだけで立派な汁物になります。

あおさ含む海藻には食物繊維が多数含まれており、旨味も豊富なうえ、体積も少なく柔らかい事から汁物などに混ぜやすく気軽に摂取できる事が大きな利点です。特にあおさは整形されてないので千切って好きな量を使用できます。

食物繊維は便の状態を整えるのに必要な栄養素の代名詞です。その食物繊維にも水溶性と不溶性の2種類がありバランスよく摂る事が求められます。

不溶性と水溶性が2対1の比率が理想だそうですが、切れ痔という事を踏まえると便を柔らかくする水溶性食物繊維が多めの方が個人的には調子が良いと思います。

あおさの強みはこれだけではありません、あおさが切れ痔を治すには最適だと思う理由は他にもあります。

マグネシウムも切れ痔の治療に重要な栄養素

食物繊維の他に便の状態を調整する栄養素がマグネシウムです。便に水分を集めてくれます。

ドラッグストアなどには非刺激性の便秘薬として酸化マグネシウム錠剤が販売されており、これを飲むと便が柔らかくなります。

このマグネシウムがあおさには桁違いに含まれています。どれくらいの含有量かというと、納豆1パックとあおさひとつまみ(2~3g)が同程度の含有量になります。大豆も食物の中ではマグネシウムが多い方なのですが圧倒的ですね。

上述したように、あおさは汎用性が高い上に便秘および切れ痔に有効な栄養素をたくさん摂ることができます。

私の切れ痔遍歴

私は長時間労働による疲労とストレスがきっかけとなり、デスクワークによるダメージの蓄積も合わさって4,5年ほど前から切れ痔と戦い続けています。

食生活の改善において試行錯誤を繰り返し、あおさとの出会いをきっかけにようやく光明が見えてきたので、わたし流の切れ痔の治療法を書き残したいと思います。

注:ここに記す解消法は全て、深刻とまではいかない程度の裂孔の症状や悩みに対するものです。不安や明らかな異変が見られる場合は病院を受診してください。

便秘予防に有効な食物

お尻のダメージに直結する排便の間隔と便の状態を改善する事が1番です。これらの問題解決に役立ったと感じるあおさ以外の食物や薬品も挙げていきます。

ミックスナッツ

ナッツは不溶性食物繊維とマグネシウムが豊富なうえに、腹持ちが良く自然とよく噛んで食べるので便を整えるのに非常に良いです。ただ脂肪分と不溶性食物繊維が含まれているので食べすぎは便秘や下痢の原因となります。

私の場合は5本の指で1掴み~2掴みくらいの量を1日に食べています。グラム的には20~30gくらいで、200gのミックスナッツを1週間で食べきるようにしています。

ヨーグルト、チーズ

ヨーグルトやチーズを食べて乳酸菌を取ることで腸内環境を改善し、便の状態を整えます。下痢気味の軟便は間隔も短く、お尻への負担も少なくないので切れ痔に良くありません。

グレープフルーツなど柑橘系の果物

柑橘系は水溶性食物繊維と、水分量が多いのでとてもお腹に良いです。ただ食べすぎるとお腹が緩くなるので注意してください。

柑橘系ならオレンジでもみかんでも何でも良いですが、個人的に1番のおすすめはグレープフルーツです。何故かと言うと、果実の粒が強靭だからです。

少し汚い話になりますが、グレープフルーツを食べた翌日以降に出した物をよく見ると果実が残っているかと思います。しっかりお腹に届いているのが実感できます。

酸化マグネシウム錠剤

即効性がある薬です、寝る前に飲んだ翌朝の起き抜けに大がしたくなる事もあります。

ただこれを飲んでいるだけで便の状態が完璧になるという訳ではありません。やはり食物繊維や乳酸菌をとっていないと下痢気味になり、お尻への負担が逆に大きくなります。

癖になりにくいと謳われているものの癖にならないとは書いておらず、薬の副作用として非常に喉が渇きます。常用していると水を多少飲んでも口の中がカラッカラになります。またこれの常用によって引き起こされた高マグネシウム血症という疾患での高齢者の方の死亡例もあります。

なのでこれを飲むのは、外食続きでお腹に優しい食事が取れなかった日などの緊急用としておいて、食生活の改善を最優先にするのが切れ痔治療の近道です。

切れ痔を治せるのは自分自身

他の重大な疾患の可能性が無いかを確認するために一度は病院に行くべきですが、排便の間隔や便の状態が悪いと、いくら通院したりボラギノールを注入しても、その度にお尻が切れて無駄にお金がかかるだけです。

なので切れ痔が治らない原因はほぼあなた自身にあり、自然治癒するかどうかもあなた次第です。

デリケートかつ日常への影響が大きく、重篤化すると大変な事になるという非常に厄介な『痔』なので、これが少しでも痔に悩む方々の助けになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です