お気持ち表明になってない?SNSの使い方を考え直す

お気持ち注意。個人的な意見と普遍的な問題は切り分けて考えよう。

ここ最近のTwitterなどのSNSでは、その拡散性や浸透率を有効活用し、ハッシュタグなどで結束した社会運動などに利用されるという新たな使われ方も徐々に広まっており、もはやただのコミュニケーションツールの枠を超えた一面も覗かせています。

日常や趣味での繋がりではなく、価値観や思想におけるコミュニティグループも利用者の増加に伴って規模が大きくなっていて、個人的に最近はデリケートな話題や社会問題に関する議論の過熱感の度が過ぎていて、いわゆる「お気持ち案件」の炎上が増えてきているように感じます。

ネット用語「お気持ち」とは?

繊細な問題に対する発言を揶揄する言葉として、たびたび使われるネットスラングが「お気持ち」です。語源は現在の上皇さまが生前退位の意向を述べられたテレビ放送に関する報道の際にお気持ちという言葉が使われたからだと思います。

ネット用語としての意味は明確に定義されていませんが「個人的な価値観や思想に基づいた不快感などについて、不快感を覚えるきっかけとなった物が社会的・普遍的に大きな問題があると一方的に決め付けて批判すること」への皮肉として使われています。

俗っぽく言うと「単純に自分が嫌いなだけで、一般的には問題ない物事を、屁理屈こねて叩いている」事への突っ込みです。

こういった意見を述べる事を「お気持ち表明」またそんな「お気持ち」がきっかけとなったトピックを「お気持ち案件」と言います。

極めつけに、価値観や思想が先鋭化して、自分の感覚が広く一般的であると根拠なく断定して、不快感の対象そのものを排除しようとしたり、擁護するフォロワーを異常者扱いして攻撃する人物は「お気持ちヤクザ」という蔑称で呼ばれています。

なぜ語源としては有難い言葉がスラング化したのかについては、天皇さまとの対比で、一般人の個人的な意見や感想の価値を皮肉る意味と語感が丁度よかったのではないかと思います。

負の感情はすぐに拡散する

怒りや同情など、感情に訴えかけるうえに主語が大きくなる「お気持ち」投稿は反発も含めて拡散が早く、ほぼ炎上状態になるうえに、矮小な出来事を大ごとのように下駄を履かせている事も少なくないので、社会的に大きな問題が解決される訳でもなく、大多数の人が不快になるだけのネガティブの塊になります。

こういった議論は個人によって線引きが大きく異なるデリケートな話題でよく起こります、代表的なのは差別観や創作物における性表現です。ネット上でフェミニストを表明している方が、公共の場における表現を問題視する投稿は波紋を呼び、たびたび大手メディアにも取り上げられる大騒動になります。

こういう普遍的な価値観に訴えかける話題は誰しもある程度の線引きや考えがあるので、目に入ったら口を挟みたくなるのはやまやまですが、考える時間そのものが有意義ではないので無視するのが一番に思います。

同じカテゴリの問題でも発端や中心人物、議論の温度感がその時々によって一変し、基準がコロコロ変わることを「お気持ち案件」を好まない方々からは「動くゴールポスト」と揶揄されている現状です。

なので意見を表明する場合は感情的にならず、きちんと自分の価値観に向き合い一貫性を持って、デリケートな問題ゆえに自分の意見が正しいとは言い切れない事を理解して事の成り行きを見守りましょう。

個人の正義が激化

ただお気持ちなんて揶揄されはしますが、これも冒頭で書いたコミュニケーションツールの枠を超えた使い方の一面なんだと思います。こういったお気持ち案件の発信者は自らの思想に基づいて本気で改善しなければいけない問題と捉えているパターンも少なくありません。

また「お気持ち」という言葉が暴走しているパターンも増えてきました、一般的に問題視すべき内容もお気持ちと断定してしまうと、問題が埋没してしまったり発信が萎縮してしまう危険性もあります。

毒を吐かず、スルースキルを上げるコツ

波風立てるような投稿をする方は、半ば確信犯的に行っており並々ならぬ感情がこもっているので、見た人も感情を揺さぶられるのは仕方のない事です。大事なのは何か物申したいことが起きても、ツイートの送信ボタンを押さないか、穏やかな論調に徹すればよいのです。

落ち着いてSNSを利用するコツとしては、自分の中に客観的かつフラットな存在を想像することです。イメージとしては元2ちゃんねる管理人の西村博之さんです。彼の名言に「それあなたの感想ですよね?」という言葉があります。

この言葉は大体のお気持ち表明のカウンターとして適切だと思うので、これを心に留めておくと、ふとした時に客観的な目線で自分の意見を再考することができるので、わざわざ表明することじゃないなと振り上げた拳を下ろす事ができます。

一番はROM専(Read Only Member)となって議論や事件を中立的に観察することが、見聞を広めるのに適していると思います。

注目を集めるのは強い言葉

ただやはり悪目立ちを含めて、人の注目や一定数の支持者を集めるのは、偏った極端な意見を歯に衣着せず発信することができる先鋭的な人なので、仲間を増やしたい方は自分のスタンスを臆せずどんどん発信していくと自然とコミュニティの輪が形成されていくと思います。

しかし中立ではない意見を発するという事は、多方からの反発を受ける可能性が高いご時世なので、清濁併せ呑む覚悟が必要です。

これも個人的な「お気持ち」になりますが楽しい話題やコンテンツで輪を作るのがネットの一番良い所だと思うので、炎上商法や注目を集めたもの勝ちみたいな昨今の風潮には賛成できません。

2019年10月、大きく論争を巻き起こした「宇崎ちゃん献血ポスター」の件について記事にしました。

宇崎ちゃんのコラボ献血ポスターがセクハラ・不適切かどうか考えました。 【宇崎ちゃん献血ポスター】大炎上したお気持ち案件の騒動について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です