ネットの詐欺でよくある詐欺師の実績は簡単にねつ造できる

ネットで自慢しているお金持ちは詐欺師かもしれません

ネットでお金を稼ぐ副業や投資の広告・オンラインサロンの宣伝でたびたび見かける代表者や経験者のお金持ちアピール・利益アピールに、ネット銀行の残高や取引所の成績の画像がアップロードされている事があります。

あのネットで見られる数値は簡単に変更ができるというのはご存知でしょうか?※実際の残高を変更するという意味ではなく、あくまでも見た目だけです。

誰でも大金持ちになれる(見た目だけ)

実際に私も、とある仮想通貨取引所の残高を見た目だけいじってみました。50兆円ほど欲しかったので50兆円ほど水増ししてみます(ジョークです)

50兆円欲しい
こちらは注意喚起のために作成されたジョーク画像になります

上記画像の「ジョーク画像です」という透かしにはフォトショップを使いましたが、この50兆円ある残高のページ自体は少しの知識があれば簡単に作る事ができます。

また値をいじらなくてもFXやバイナリーオプションの投資成績は、2つのアカウントで相場の買いと売りの両方に注文をしておけば低コストでプラス成績の画像をたくさん残す事ができます。

顧客に売買のアドバイスをする際も顧客の半数ずつにそれぞれ逆の注文を指示しておけば、ある程度の人数が必要ですが最低でも1人に対しては連続で何回も相場の流れを言い当てたという実績を作る事ができます。

このように、インターネット上で確認できる値のスクリーンショットはねつ造の可能性があるので、アップロードしているサロン主や情報商材の販売者はまず疑いの目で見た方が賢明です。ブランド品や高級車もレンタルサービスが存在する現代では、数字に限らずネット上で自分をきらびやかに見せる事は特に難しい事ではありません。

稼いでいる人が稼ぐ方法を売るメリットは少ない

よく言われる事ですが、そもそも自慢するほど稼いでる人がその稼げる方法を一般人に手が届く価格で売るメリットなんて本来あまり無いんです。これはオンラインサロンとか、元〇〇が講師になって運営する〇〇専門学校とかも似たようなものです。

ではなぜ売るのかと言うと、そういう事をしている人にとってはその方がビジネスとして効率が良いからです。これは金を掘る人たちよりツルハシとシャベルを売る人が儲かったという昔話でよく聞きますね。

どの道においても、超一流かつ現役の人が講師をするって話はあまり聞きません。当たり前ですがそう言った人は自分で金を掘れるし掘っている方がいいからわざわざツルハシを誰かに売る必要はありません。

自己資金で投資をしたり何かを制作する、つまり金を掘る事は労力がかかり結果が全ての世界です。流行り廃りや儲からない時期もあるでしょう。

ただその手法を商品として売る事はどうでしょうか、ブログ等の書き方やマーケティング、投資法なんてものは形は無くて腐らないし、効果の保証や国家資格もないので商品として販売するにはうってつけです。

しかも買い手はネットで稼ぎたい人という現代社会では相当な数が潜在しているであろう層がターゲットなので、サイドビジネスでもメインでも情報はとても優秀な商材であることがわかります。言い値なうえに効果は自己責任で仕入れ値や在庫も無く提示できるのですから。

もちろん本当に有益な情報を提供してくれる販売者も居るかと思いますが、購入する際はあくまでも相手はビジネスの一環でやっており自分の利益を念頭に置いています。

またサロン・塾・学校という言葉に騙されず相場も保証もない商品である事を肝に銘じて、信頼できる販売者なのか・有益な情報なのかという事を見極めて納得のいく買い物をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA