「魔界戦記ディスガイア」シリーズは名作と思う理由

数字フェチなゲーマーって多いと思う

僕は数字がたくさんあってそれが増えていく光景が好きです。リアルマネーを貯めるのは中々難しいですが、ゲームだとお金だけじゃなく大抵の事柄が数値化されて表現されるので、数字フェチにとってのゲームは、ゲーム性とは別の側面で快楽を覚える娯楽です。

シムシティ等の経営シミュレーションも楽しいですが、RPGのレベルやパラメータが上がっていく様子も、ストーリー進行で得られるささやかな成功体験と合わせて気持ちの良い物です。

ただ一般的なゲームでは、ある程度の段階で数値がカンストしたり、レベル1つ上げるのにも膨大な時間を要するようになってきて、一抹の寂しさを覚える事でしょう。

もっと成長させたいけど時間かかるなぁ…
お気に入りのキャラの成長タイプが気に入らないなぁ…
お気に入りのキャラをぐうの音も出ないほど最強にしたいなぁ…

そんな数字フェチ、作業ゲー好きの欲望を具現化したSRPGシリーズが15年以上前から存在しています。

「魔界戦記ディスガイア」シリーズは数字フェチ垂涎のゲーム

私は小学生だった頃に、初代の特集をゲーム雑誌で見かけて速攻で予約して以来ずっと、メーカーである日本一ソフトさんのRPGはほぼ全てプレイしており、まさに青春そのものです。

ただ最近のネット界隈を見るに、本作は知名度は充分なものの、クセのある謳い文句とビジュアル、痛いノリ等で敬遠されているゲームと言った印象を受けますので。そんな尖ったニッチゲームというイメージをこの記事で少しでも払拭できればと思います。

痛いノリを上回る重厚なストーリー

ノリが痛いのは残念ながら否定できず、初見プレイは鳥肌必至です。ただ痛いノリの大半は次回予告と言うチャプター間に挟まれる寸劇なのでそこに目をつぶれば後は我慢できるレベルの痛さかと思います。

ストーリーの本筋は思いの外シリアスです。登場する主要キャラクターの殆どが何かしらの暗い過去や強い想いを抱えていたり、天使、悪魔、人間それぞれの種族で、集団および個の思惑が絡み合い、各作品のテーマに沿って物語が進んでいきます。

各作品の世界はパラレルワールドのように繋がっていますが(それぞれの魔界が存在しています)ストーリーは殆ど干渉しておらず、どの作品から始めても楽しめます。個人的お勧めは1番ノリが痛いけどシナリオも1番重厚かつ内容のあるマルチエンディングな初代ディスガイアか、豪華声優キャスティングで、少年漫画的ストーリーな手に取りやすいディスガイア5のどちらかです。

絶妙なゲームバランス、快適な難易度調整

9999レベル、数億ダメージのような謳い文句やゲームデザインで、SRPGとしてのクオリティにあまり目が向けられていないような気がしますが、かなり丁寧に作り込まれているゲームです。

どの作品も序盤で、ある程度のやり込み要素が開放されるので、ストーリーそっちのけで強化して後ほど全ステージをワンパンで進めるというのも可能ですが、

メインストーリーのゲームバランスにおいては、ステージ周回無し、アイテムは店売りとステージクリア時の評価に応じたボーナスアイテムのみで充分にクリア可能で、歯応えも実感できるバランスになっています。

私はディスガイア3あたりで縛りプレイ感覚でやってみたところ、想像以上に練られたバランスである事を発見し、以降の新作もメインストーリーはこの方式でプレイしています。

やり込みによる強化もそうですが、敵の強さの基準も自由に上げ下げできる機能があるので、難しいと思えば難易度をある程度下げる事ができるし、クリア後の世界を含めると性能のほぼ限界まで敵の強さを引き上げる事ができるので、遊ぼうと思えばいくらでも遊べる作品になっています。

上述したゲームバランスや、持ち上げ・投げ、ジオエフェクトといった、きちんと戦略に組み込む事で戦闘を有利に運べる独自システムもあり、確立された世界観とゲーム性をもって唯一無二のSRPGとして存在感を放ち続けています。

ディスガイアを支える音楽家「佐藤天平」

魔界戦記ディスガイアシリーズもとい日本一ソフトウェアとは切っても切れない絆で結ばれているのが、ミュージシャンの「佐藤天平」氏です。ディスガイアシリーズ全てで音楽を手掛けており、アニメソングのような魂震える曲からバラード、ミュージカル調の曲など、作品ごとのコンセプトや世界観を引き立たせてくれる、耳に残る音楽を届けてくれています。

その才能はディスガイアに留まらず、ディスガイアのコンセプトに寄せた元ディスガイアスタッフを携わる別メーカーのゲームにも楽曲提供をしています。

アプリ「魔界戦記ディスガイアRPG」配信間近

そして、以上の「魔界戦記ディスガイア」の魅力的な世界観を十二分に汲んだアプリ「魔界戦記ディスガイアRPG」が、事前登録キャンペーンなど、配信間近を期待させる動きを見せているのが非常に楽しみです。

スマホという媒体およびアプリ「魔界ウォーズ」の実績(?)もあるのか、事前登録は相当好調のようなので、アプリに興味があっても本家シリーズ未プレイの方や、今まで敬遠していた方がいるなら是非プレイしていただきたいと思い、この記事を書いた次第です。

ただ永遠の次回作と揶揄された「魔界ウォーズ」の前例(アプリ配信以前は10年近く製作予定としてペンディング状態で、電撃の発売予定タイトル一覧にも掲載されていた事がある)があるので、日本一ソフトファンとしてはリリースが現実のものとなるか、まだまだ油断していません。

追記:リリースは現実となりましたが、予想外にもスマホゲー屈指の長期メンテナンスに突入している魔界戦記ディスガイアRPGですが、ファンとして最後まで見守っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です